WiMAXを自宅用ネット回線として使用するメリットと注意点をご紹介!

WiMAXは場所を選ばずに、電波の入るところであればどこででもネットに接続できるのが魅力です。

そのため、自宅用としてWiMAXを使うという使用方法もあります。

自宅用にWiMAXを使うことには、いくつものメリットがありますし、逆に考慮しないといけない点もあります。

じっくりとメリットデメリットを考えて、WiFi契約を結ぶかどうかを決めることが大事です。

WiMAXを自宅用ネット回線として使用するメリット

まず、WiMAXを自宅用として使うことのメリットとしては、複数の端末に常時接続できるという点があります。

スマホでもデータ通信をすることができ、テザリングによって他の端末とつなぐことも可能です。しかし、スマホのデータプランは使い放題だと料金がかなり高くなりますし、お得なプランでは容量に制限があります。

また、他のデバイスにテザリングによってつなげるのも、イチイチ設定をするのが面倒なこともあります。その点、WiMAXであれば、容量無制限で使い続けることができます。

しかも、何台もの端末に自動的に接続してくれますので、最初の設定さえしてしまえば、後は楽にネットができるようになります。

また、WiMAXは自宅に端末を置いて固定回線の代わりとすることができる上、外に持ち出すことができるというのも便利です。

家族みんながいる時には自宅でネットを楽しみ、外出する時には端末を持って行くことで、どこででもネットができるのです。

WiMAXがあれば、スマホのデータ通信プランを契約する必要がない、もしくは必要最小限にすることができますので、かなり通信費用全体のコストを抑えることができます。

WiMAXを自宅用ネット回線として使用する場合の注意点

室内における電波の入りやすさ

一方でWiMAXを自宅用として使う際には、いくつかの注意点もあります。

まず、建物の構造や場所によっては電波が入りにくいケースがあるということです。特にマンションの高層階などでは、電波が届きにくいケースがあってWiMAXが使えない場合もあります。

さらに、鉄骨鉄筋コンクリート造りのマンションは電波を遮へいしてしまいますので、部屋の奥などにいると電波が入らない、もしくは極端にスピードが遅くなってしまう可能性もあります。その場合は、窓側にWiFi端末を設置するなどして、置き場所を変えてみることで改善できることがあります。

通信スピード

もう一つの点は接続スピードです。WiMAXはサービス開始当初よりもかなり接続環境の改善がなされてきていて、相当なスピードを確保しています。

しかし、光ファイバーによるネット環境にはかないません。そのため、今まで光回線でネットをしていたという人がWiMAXのみに切り替えると、スピードが遅いと感じることもあるでしょう。

特にかなりグラフィックに凝ったオンラインゲームなどをしている場合は、その差を感じやすくなります。もちろん、通常の利用方法、動画視聴やサイトの閲覧、ファイルの送受信などでは問題のない高速通信ができます。

使い方次第というところもありますので、まずは自分の使用目的を考えてから、WiMAXが合っているかどうかを検討するのがベストです。

自宅WiFiのおすすめは、WiMAXのホームルーター

光回線は高いし、工事も必要ですよね。

そこでおすすめは自宅に手軽に導入できるWiFiです。

これだと購入してルーターにコンセントを入れればすぐにWiFiが繋がりますし、家族みんなでネットも可能ですよ!