WiFiルーターのタイプの選び方とは?モバイルルーター、ホームルーターそれぞれのメリット

WiMAXを契約してネットをする場合、必要な機器はそうありません。

まず、当然のことですがサイト閲覧や動画視聴をするためのパソコンやタブレット、スマホなどが必要となります。WiMAXは特にデバイスに関わりなく接続できます。

WiFiでの接続ができるデバイスであればネットができますので、今まで使っている機器のままで大丈夫です。

そして、電波を受信して複数の端末につなぐための通信用機器が必要となります。

このモバイルWiFiのための端末は基本的にサービス会社から提供されます。

多くのプランでは、申し込みによって端末を無料でプレゼントもしくは無料レンタルをしていますので、自分で準備する必要はありません。

もちろん、自分で端末を購入してサービスだけを契約するという手段もありますが、プラン料金が変わるわけではありませんので、最新端末を無料で使えるサービス会社の制度を利用した方が良いでしょう。

WiFiルーターには2つのタイプがある

この端末は大きく分けると二つのタイプがあります。

モバイルタイプ 〜ポケットWiFi〜

一つ目はより一般的なモバイルタイプです。手のひらの中に収まり、スマホよりも小さなサイズでどこにでも持っていけるのが特徴です。

WiMAXはもともと、自宅だけでなく外出先でもどこでもネットができるようにするというものですので、より利用範囲を広げてくれる端末です。

ホームルータータイプ 〜自宅専用WiFiルーター〜

もう一つのタイプはホームルータータイプで、自宅やオフィスに据え置くものです。

ちょっと大きめのサイズで持ち運びには適していません。外出先ではスマホのデータ通信プランなどを使うという人の場合は、こちらのホームルータータイプでも良いでしょう。

このタイプのメリットは、ルーターから直接ケーブル接続ができるということで、パソコンを常時同じ場所に置いて安定した高速通信をしたいという人には、より使いやすい環境となります。

多くの人は、この二つのタイプのうち使い勝手がいいモバイルタイプを選びます。しかし、このタイプはホームルームタイプと比べて、ケーブル接続ができないという難点があります。

前職ではルーターメーカーに勤務していました。しかし、社内でのパワハラや仕事がきついこともあり、退職を考えるようになりました。

結局、自分で退職したいということを言い出すことが難しかったのでその時は、退職代行という代わりに退職手続きをしてくれる有料サービスを使いました。

参考:退職代行jobs(ジョブズ)弁護士監修のサービス

結果的には、第三者に間に入ってもらって良かったと思っています。

クレードルについて

そこで、こうしたモバイルタイプにドックを接続することで、いろいろな機器にケーブルでの接続ができるようになります。

一般的にクレードルと呼ばれるドックで、有線接続をしたいという人にぴったりです。また、クレードルに置くだけでモバイル端末の充電ができますので、いちいちUSBケーブルなどを挿して充電をしなくても良いというのも一つのメリットです。

クレードルがあると利便性が高くなりますので、基本的には外出先でネットを使うという人でも持っておくと便利です。

このように、WiMAXをするには上記の二つ、つまりパソコンやスマホなどのデバイス、そして通信用の端末があれば十分です。

しかも、通信用の端末はWiMAX会社が提供してくれますので、スマホを持っていれば自分で準備するものは実質的にありません。

気軽に始められるのがWiMAXの良いところですので、すぐにネットをしたいという人はWiMAXを検討してみると良いでしょう。